電機連合神奈川地方協議会

障がい福祉委員会

一人の組合員の声から始まった、労働組合の福祉活動

労働組合の福祉活動 一人の障がい児育てる組合員が、「障がいを持つ自分の子どもに組合は何をしてくれるのか」という相談から神奈川地協での障がい福祉活動の論議を開始し、1972年に「心身障がい児(者)対策委員会」が組織され、現在「障がい福祉委員会」として引き継がれ今日に至っています。障がいを持つ方もそうでない方も「ともに生きる地域・社会」をめざして活動をしてまいりました。現在では街中で障がいを持つ方に出会うことは珍しくはありませんが、活動を始めた当初は彼らと出会うことはありませんでした。障がいを持つ親達の訓練会の支援を行い、街のバリアフリーや公共交通機関に障がい者が利用可能にするための運動を行ってきました。

また、神奈川地協内に福祉相談員を常駐させ、組合員や地域からの福祉相談を受け付けています。 さらにそれまで遅れていた知的障がい者の就労支援を重点的に支援してきました。養護学校(現・特別支援学校)高等部2年生の実習や障がい者雇用企業セミナーなどを開催し知的障がい者の雇用率の引き上げに貢献しています。

電機神奈川福祉センターの設立

その活動が実を結び、1996年横浜市磯子区に社会福祉法人電機神奈川福祉センターを設立し、障がい者の就労訓練、就労支援、職場定着援助を中心に様々な障がい者への支援を行っています。

労働組合の福祉活動 また、組合員に障がい者、高齢者についての理解を広げるために電機神奈川福祉センターを使ってボランティア体験講座。労組から希望を募り、手話入門講座を開催しています。さらに毎年5月に障がいを持つ組合員さんやその家族。電機とのかかわりのある福祉施設などにから障がいを持つ方を募り、2泊3日で「沖縄ふれ愛の旅」を開催しています。

» 社会福祉法人 電機神奈川福祉センター

障がいをこえ「ともに生きる地域・社会」をめざして

今後、神奈川地協では、一人ひとりの組合に障がい福祉活動についての理解を深めてもらい、より広く障がい福祉活動、その他の障がい者との触れあいの場を通して、本当の「ともに生きる地域・社会」をめざして活動を続けていきます。

障がい福祉委員会

担当副議長 小島 隆洋 (東芝労働組合横浜支部)
委員長 福永 修次 (富士電機労働組合川崎支部)
副委員長 鐘ヶ江 博 (日立製作所労働組合ソフト支部)
事務局長財政担当 熊倉 幸博 (パナソニックエナジー労働組合茅ヶ崎支部)
委員ふれ愛の旅担当 笹原  豊 (三菱電機労働組合相模支部)
委員ふれ愛の旅担当 奥村 知弘 (日立製作所労働組合小田原支部)
委員法人・障がい者支援担当 幸山  隆 (オムロンレーザーフロント労働組合)
委員広報担当 深山 裕司 (東芝情報システム労働組合)
委員雇用促進担当 割田 直人 (パイオニア労働組合川崎支部)
委員 佐藤 信也 (電機連合神奈川地協事務局長)
委員 松澤  直 (電機連合神奈川地協事務局次長)
委員 松本 真悟 (電機神奈川福祉センター)
委員福祉相談員 村田 謙造 (電機神奈川福祉センター)

障がい福祉委員会の活動

  • ティッシュペーパーカンパ
  • 沖縄ふれ愛の旅
  • 「みかん狩り」福祉団体招待日
  • 団体援助金/相談活動
  • 機関紙「はばたき」
  • 雇用促進活動
  • ボランティア体験講座
  • 出張ボランティア体験講座
  • ボランティア派遣

ページの一番上に戻る